人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)

日本語 / English

第9回AI美芸研
シンポジウム 01 AI美学と芸術

記録ページ

開催概要

  • 【日時】

    • 2017年11月12日(日)14:00-19:00(開場 13:30)
  • 【会場】

  • 【講演】

    • 畝見達夫
      創価大学理工学部情報システム工学科教授 理工学部長 アーティスト【展覧会出品者
    • マイク・タイカ
      分子彫刻とニューラルネットのアーティスト、グーグル社技師、機械学習の研究者【展覧会出品者
    • 塚田稔
      工学博士・医学博士 玉川大学脳科学研究所客員教授・名誉教授、画家(日本画府洋画部専務理事)【展覧会出品者
    • モデレート:中ザワヒデキ(AI美芸研)
  • 【参加費】

    • 無料
    • J/E(日英)同時通訳
  • 【主催】

    • 人工知能美学芸術研究会
    • 沖縄科学技術大学院大学[OIST]
  • 【共催】

    • Goethe Institut
    • ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター、東アジア地域ゲーテ・インスティトゥートによる「A Better Version of 人」参加企画
  • 【協賛】

    • 日本航空株式会社[JAL]
    • 新学術領域研究「人工知能と脳科学の対照と融合」
    • ポスト「京」萌芽的課題 「全脳シミュレーションと脳型人工知能」

講演内容

  • 計算機による計算機のための美学・創造・芸術 — 進化芸術学に向けて
    畒見達夫

    • 美の根拠は人の感性にあると信じる人々にしばしば遭遇する。また、美は神が創造したものであり、人はそれを理解しようと足掻いているだけであるという人もいる。あるいは、創造性や芸術は人にだけ与えられた特権であり猿や機械には不可能という意見も聞く。それらは本当だろうか?科学的知見によると、人も長い生物進化の流れの中に現れた「種」の1つであり、知能も感性もその結果として出来上がった機能である。もちろん、内省的実感について否定するつもりはないが、人々の間で語られる美、創造、芸術を、進化計算の目から捉え直し、計算機群の間でも同様の現象を語ることは可能ではなかろうか。演者による進化計算と人工生命研究に基づく「進化芸術学」への試みについて紹介する。
      http://www.intlab.soka.ac.jp/~unemi/index-j.html
    • 畒見達夫
  • Neural networks: a new opportunity for art
    マイク・タイカ Mike Tyka

    • Throughout history, technological breakthroughs have often deeply influenced the world of art. We are currently in the midst of such a technological change: artificial neural networks are beginning to be able to perform well on difficult tasks from image or speech recognition to playing complex games such as Go and these technologies are rapidly becoming part of our daily lives. Likewise artists are experimenting with new ways to create art. After a short introduction to neural networks and how they work I will present some of my experiments over the last two years, including making large scale art with Google’s DeepDream algorithm, currently exhibited at OIST. I will also cover experiments with Generative Adversarial Networks to generate a series of imaginary portraits, which explore the strangeness of the "uncanny valley". Finally I will present a collaboration with Refik Anadol where we invite the viewer to consider alternate histories by generating imaginary items based on the real historical archive.
      http://www.miketyka.com/
    • マイク・タイカ
  • 脳と人工知能と芸術
    塚田稔

    • 「芸術は人間の創造物であり,人生を如何に生きるかの表現である」。この思いから私は、60年余絵を描いてきた。人工知能芸術が脳の働きや神経回路網のダイナミックな情報表現を取り入れて創作すれば、観客を一層惹きつける作品ができるであろう。人工知能は人間の脳のダイナミックな仕組みを十分に利用していない。いっぽう,脳科学者は芸術家の創作表現から脳内の情報創成のメカニズムを究明すれば、脳研究を一層発展させることができるであろう。 現在、記号処理とパターンダイナミクスの結合が可能になってきた。脳科学、人工知能、芸術の相互コミュニケーションと協力によって大きな“うねり”ができつつある。人間の創造性のメカニズムが明らかにされ,人間の人間たる存在の重要性が理解されていくことを期待したい。
      http://researchmap.jp/read0030435/
      展覧会情報:http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/66947/
    • 塚田稔