人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)

日本語 / English

第24回AI美芸研「宗教と数理脳」

記録ページ

    • 第24回AI美芸研「宗教と数理脳」
      5/2(木休)14:00-18:45
      淀橋教会小原記念チャペル
    • 人工知能美学芸術研究会よりお知らせです。
    • 「宗教と数理脳」と題する令和最初のAI美芸研を、5月2日(木休)午後2時より、現代音楽のコンサートなどもよく行われる大久保の淀橋教会(プロテスタント教会)小原記念チャペルにて開催します。
    • 講演者として、昭和30年代に誤差逆伝播法をすでに発表していた、数理脳科学の第一人者にして情報幾何学の創始者でもある甘利俊一、ブロックチェーン電子政府システム・Commons OSを作成、現在実証実験を進めている太宗寺僧侶の河崎純真、理論物理学者として出発しながらキリスト教哲学、宗教哲学、公共哲学の第一線に立つ稲垣久和をお招きします。
    • これは、1月27日に予定しながらも、twitter炎上を問題視した一部の先生からの要請により中止した同題の回を、このたび再構成し実施するものです。大勢の皆様の御参加をお待ちします。
    • なお、令和初日にあたる前日の5月1日に、当会は御陰様で設立3周年を迎えます。真のAI登場はまさに芸術の存立の問題であるとして、引き続き追究して参る所存です。今後とも何卒宜敷お願い申し上げます。

開催概要

  • 【名称】

    • 第24回AI美芸研「宗教と数理脳」
  • 【日時】

    • 2019年5月2日(木休)14:00-18:45(開場13:30)
    • ※終了後近隣のお店にて、登壇者をお囲みする懇親会
  • 【会場】

  • 【講演】

    • 甘利俊一(理化学研究所栄誉研究員、東京大学名誉教授)
    • 河崎純真(大宗寺僧侶、ブロックチェーンエンジニア、Gftd Japan代表)
    • 稲垣久和(東京基督教大学特別教授、キリスト教哲学専攻、理学博士)
    • 中ザワヒデキ(美術家、AI美芸研代表)
    • ※講演後、全体討論の時間を設けます。
    • ※講演と討論は撮影、実況、配信歓迎です。記録動画を後日公開します。
  • 【参加費】

    • 2,500円(原則どなたでも参加可、予約不要、懇親会費含まず)
    • ※入場は先着順、受付開始は開演30分前(13:30)です。来場者が80名を超える場合は、立ち見、もしくは御入場いただけない可能性もございます。
    • ※懇親会への参加は別途料金です。懇親会のみの参加は御遠慮ください。
  • [主催]

    • 人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)

講演内容

  • 「数理、美、脳そして人工知能」
    甘利俊一(理化学研究所栄誉研究員、東京大学名誉教授)

    • 人は多くのものに美しいと感動する。素晴らしい情景、人の振る舞い、絵画、音楽、さらには数学にまで美を感ずる。宗教も美しいかもしれない。これらはみな脳のなせる業である。
      人の脳は進化の過程でこんなに素晴らしいものに出来上がった。しかし、進化はランダムな突然変異をもとに、生存に適したものが生き残り発展するという、ランダムなプロセスで出来上がった。美を感ずる我々の脳もこの過程で出来上がった。美は意識であり、心に芽生える。これが生存上有利であったからである。
      数理脳科学は脳の原理を数学を用いて解明しようとしている。これを用いれば、人工知能に迫ることも可能である。美とは何か、個人にとってまた社会の中でどんな役割があるのか、AIの時代にこれを考えてみたい。
    • ※80年代AIブームを惹起した誤差逆伝播法を60年代に確率降下学習法という名で発表していた甘利俊一は、数理脳科学の第一人者にして情報幾何学の創始者。国内外で受章多数。著書『脳・心・人工知能』。(※文責・中ザワ)
      http://www.riken.jp/pr/topics/2012/20121031/
    • 甘利俊一(理化学研究所栄誉研究員、東京大学名誉教授)
  • 「愛という無限の共感価値創造装置から「わ」の社会を実現する」
    河崎純真(大宗寺僧侶、ブロックチェーンエンジニア、Gftd Japan代表)

    • 資本には人的資本、金融資本、社会関係資本の三種がある。一つ目の人的資本は金融資本と社会関係資本の創造能力、二つ目の金融資本は信用である。それでは三つ目の社会関係資本とは何か。例えば、友達や家族に無条件に価値があるわけではない。愛がありうまくいっている家庭もあれば、そうでない家庭もある。価値の基準は「共感」で、時間を共にし互いに情報交換していく間に社会関係資本という目に見えない価値がどんどん溜まる。金融資本に換算すれば、それこそ数億、数十、数百億円と、無限にその価値は増大する。本講演ではこの「共感」を基軸に仏教とテクノロジーの視点から、AIそしてブロックチェーン技術による来たるべき時代の信仰を示したい。すなわち、異なるものを調和させる「わ」の社会の実現だ。
    • ※エホバの証人二世として出発し、ブロックチェーンによって誰でも「神」を顕現できる宗教を設立。ブロックチェーン電子政府システム・Commons OSを作成、現在実証実験を進めている。太宗寺僧侶。(※文責:中ザワ)
      https://www.01.foundation/
      https://an-life.jp/article/1063
    • 河崎純真(大宗寺僧侶、ブロックチェーンエンジニア、Gftd Japan代表)
  • 「ホモ・デウスv.s.自由意思」
    稲垣久和(東京基督教大学特別教授、キリスト教哲学専攻、理学博士)

    • Y・N・ハラリは近著『ホモ・デウス』の中で「生物はアルゴリズムにすぎないか」という疑問を呈し、否、人間はAIと異なり知能と別に意識(心)を持つとしている。これに対して演者(稲垣)は、人間は知能と意識(心)を単純には分離できない複雑系であるとする。脳→心→社会という創発の過程があり、または逆の方向の回路も働くと言い、実在の世界を世界1−世界2−世界3−世界4の階層構造として相関的に見る。演者は宇宙には疑似目的があるという立場であり、自由意思がリアルである(実在する)という立場。意識(心)の働きの究極は全き愛として表現できる。全き愛や慈悲は互酬ではなく贈与である。これを信頼できるかどうかが人間の未来を決める、つまり対話と実践によって健全な社会が創れるかどうかを決める、と考える。
    • ※稲垣久和は理論物理学者としてジュネーブ欧州共同原子核研究所理論部門研究員の後、転向しキリスト教哲学、宗教哲学、公共哲学の第一線に立つ。東京基督教大学特別教授。著書『宗教と公共哲学』他。(※文責・中ザワ)
      https://www.facebook.com/hisakazu.inagaki.3
    • 稲垣久和(東京基督教大学特別教授、キリスト教哲学専攻、理学博士
  • 「AIに宗教心は芽生えるか」
    中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表)

    • 神と脳については、神が脳をつくったのか、脳が神をつくったのかと問うことができる。万物は神の被造物だとするなら前者だが、唯物論の立場であれば「神は人間の脳がつくりだした概念」すなわち後者である。
      神とAIについては、AIが神となるのか、AIが神を信じるのかと問うことができる。人間が自分で考えずにAI任せのAI教となるなら前者だが、AIをヒトの脳に似せて作るのであれば、やがてAIは神という概念さえつくりだし宗教心も芽生えて後者となるだろう。
      一つ目の問いの後者と二つ目の問いの後者は「神という概念をつくりださずにはいられない知能」を前提としている。これを、因果性を希求する仕組みと読み替えて、AIへの実装を考えたい。
    • ※中ザワヒデキという表記の美術家名は医学部在籍時より使用。バカCGを経て方法主義宣言、新・方法主義宣言、人工知能美学芸術宣言。ビットマップ3D特許。著書『現代美術史日本篇』。元・文化庁メディア芸術祭審査委員。
      https://www.aloalo.co.jp/nakazawa/
    • 中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表)